バーチャルオフィスでコスト抑制

バーチャルオフィスとは、起業するときにオフィスを借りてその中で仕事をする普通のワークスタイルにこだわらず、起業直後で、オフィスの賃料を節約したい起業家などに、一定の料金で、住所と電話番号を貸し出すサービスを言います。
一昔前なら、世間体もあり、狭くても事務所を借りるのが当たり前の感覚でしたが、今はそういう時代ではありません。
インターネットの普及やPC・スマートフォンなどで出来る仕事も増えているため、必ずしもオフィススペースが必要ではないのです。

起業家にとってコスト抑制は非常に重要なことです。
会社設立には初期費用が想像以上に必要となります。
東京や政令指定都市などでオフィスを借りようと思えば、家賃が安くても月額で15万くらいはかかるでしょうし、オーナーに払う保証料のほか、デスク、PC、設備など、たとえリースであっても多くの資金が必要です。
売り上げがゼロでも手持ち資金は必要経費に消えていきます。
そのほか、光熱水費、電話代、名刺など様々な費用がかかるのです。
このため実際は自宅で仕事をしたり、自宅をハブに、カフェなどの外出先で仕事をしたりといった形で、実際にオフィスを借りずとも、自分の居場所で仕事をする人もいるわけですが、そのような方でも名刺に記載する住所や電話番号は、東京などの大都市で仕事をしているような雰囲気を出したいと思うもの。
そのような需要にこたえるのがバーチャルオフィスサービスなのです。

本サイトでは、バーチャルオフィスを使うとどうやってコストが抑えられるのか、その点について簡単に説明します。

Copyright © 2014 バーチャルオフィスを活用するとコストを抑えられる All Rights Reserved.